簡単に検査できる

女性に多い病気である下肢静脈瘤なら:東京下肢静脈瘤クリニック

下肢静脈瘤という言葉を聞いたことのない人もいるかもしれません。
知り合いや家族に下肢静脈瘤を患っている人がいた場合、気をつけなくちゃと予防をしている人もいますよね。
聞いたことのない人は、この機会に下肢静脈瘤について覚えておくと良いのではないでしょうか。

最近は、病院での検査が非常に簡単になっており、主流はドップラー検査と呼ばれるものです。
外来病院で簡単にできる検査で、静脈に逆流があるかどうかのチェックをすることが出来ますね。
立った状態で足の静脈にドップラーという機械をあてて、圧迫したあとにぱっと開放します。
逆流がある場合にはザーッと音があるのですぐに判断できますよ。

下肢静脈瘤が進行した場合には手術をすることもあり、この際には病院で超音波検査や静脈造影を行うことになります。
病院では下肢静脈瘤を最新のCTで撮影する事になりますが、造影剤を必要としないため体への負担はほぼありません。
それでいながら、静脈瘤の状態を鮮明に知ることができるのですから、最近の病院は凄いですよね。

下肢静脈瘤の検査がなぜ必要かといえば、放置することでうっ血が悪化してしまい皮膚炎を引き起こす原因となります。
また色素沈着や潰瘍を引き起こすので、早い段階で病院で検査をしてもらうべきでしょう。
特に命に関わる状態ではないですが、やはり見た目のケアというのは重要ですよね。
自分の足ですから、しっかり早い段階で検査をすることで、症状が悪化する前に治療をしてしまいましょう。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ